介助者と福祉施設の強い味方!トイレ移乗・移乗介助・二人乗り用の車いす【助人くん】|

ショールームのご案内

長野県千曲市のショールームでは実物を体験していただけます!

  • 長野県千曲市のショールームでは実物を体験していただけます!

車椅子を必要とされる方が実際の使用イメージを描いていただきやすいよう、ショールームを設けております。
8畳の部屋に、ベッド、車椅子、トイレ、テレビ、冷蔵庫を配置し、壁面及び出窓には四季の絵画または、家族の写真等を置いています。
昼夜の時間差を感じて頂けるようにルーム内の照明をコントロール出来るようになっています。そうすることで、ルーム内を自然界の雰囲気に近づけることが出来ます。
主人公は当人です。出来るだけ当人の自立心を大事にしたいと思っております。

また、24時間の介護者が「いかに楽に介護ができるか」は大きな課題です。
腰痛の解消、後始末の解消、無制限の付添介護…、頼まれる辛さより、頼む辛さは計り知れないでしょう。

お部屋から出ないことで空調ロスもなく、体調管理がしやすくなっております。
やむなく現在のトイレを使用したい時のために幅員の実態も体験できます。
スライドタイプ及び、直接タイプ、介助用タイプ、いずれもご自由に体験できます。

介護する側の本音…、「手が掛かる」「自分の時間が "面倒をみる" ことに支配されることが辛い」
介護してもらう側の心境…、「迷惑をかけている」「自分のせいで家族の手を煩わしていることが辛い」
家族とは言え、 "言えない本音" を抱えてしまうことは事実です。

その言えない本音を助人くんで解決致します。
介護する側、される側ともに、心の疲労と身体的負担が軽減されることを目指して、助人くんにより180度違う介護のあり方を提案いたします。

お客様の声

・老人会のお誘いで見学して安心しました。
何時か夫婦のどちらが先かと思うと心配でしたがショールーム等を見て安心しました。
 

・老老介護が出来るか不安でした。私の力では主人のことをとてもじゃないが
持ち上げられないと思っていたが、「助人くん」なら出来る。
 

・介護する方が参ってしまう。スライドならなんとか出来る。
 

・知らなかった。もっと早く教えて欲しかった。散々介護して大変だった。
 

・介護施設に入ればおしまいです。出てこられないわ。
出来れば家庭介護でやってほしいものです。
 

・大型犬が高齢のため、腰を痛めて歩くことが出来なくなり手術までしました。
改造して専用の車椅子を作りました。
我が家の一員ですので最善を尽くしましたので悔いはありませんでした。
 

介護を「受ける側」の身になった、お部屋作りのご相談も承っております

TEL:026-276-2555/FAX:026-214-0611

  • トップページ
  • 福祉施設のご担当者様へ
  • 車イス「助人くん」のご紹介
  • ショールームのご案内
  • 制作・ご注文の流れ
  • 型式・料金について
  • よくある質問
  • 会社案内
資料・チラシへのリンク
 

会社情報

有限会社 米生物産
〒389-0803
長野県千曲市千本柳1136-1
新幹線「長野駅」「上田駅」・しなの鉄道「千曲駅」より徒歩約20分、車で約5分 ※駐車場あり
アクセスマップはこちら >>
介護される側のトイレのプライバシーを守る、自立支援車いす「助人くん」を販売しております。社内には常設のショールームも完備!ぜひ一度ご見学にお越しください。
TEL:026-276-2555/FAX:026-214-0611

ページの先頭へ